日立、エンタープライズサーバにPOWER7プロセッサ搭載モデル追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、エンタープライズサーバにPOWER7プロセッサ搭載モデル追加


掲載日:2010/02/12


News

 株式会社日立製作所は、エンタープライズサーバ「EP8000」シリーズに、POWER7プロセッサを搭載したハイエンドサーバ「EP8000 780」、ミッドレンジサーバ「EP8000 770」/「EP8000 750」を追加し、3月31日より順次出荷する。

 「EP8000 780」は、POWER7(3.86GHz)を最大64wayまで搭載可能なハイエンドサーバ。POWER6を搭載した現行モデル「EP8000 595」に比べ、トランザクション処理性能が最大約1.2倍に向上している。また、性能あたりの消費電力量が最大80%削減されており、システムの省電力化も支援する。加えて、POWER7の新機能“TurboCoreモード”を活用することで、コア単位の性能が求められるDB処理などを適切な方法で処理できるため、処理時間を短縮できる。

 「EP8000 770」は、POWER7(3.1GHz)を最大64wayまで搭載可能な、上位のミッドレンジサーバ。POWER6+を搭載した現行モデル「EP8000 570」に比べ、トランザクション処理性能が最大約4倍に向上しており、ハイエンドモデルに近い優れた処理性能を備えている。また、メモリ容量を現行モデル比約2.7倍の最大2048GBまで増強できるなど、処理性能に加えシステムの拡張性も強化されている。あわせて、現行モデルに比べ価格性能比が約6倍に向上した同モデルを活用することで、より費用対効果に優れたシステムを構築できる。

 「EP8000 750」は、POWER7(3.0GHz/3.3GHz)を最大32wayまで搭載可能な、下位のミッドレンジサーバ。POWER6+を搭載した現行モデル「EP8000 550」に比べ、トランザクション処理性能が最大約4倍に向上しているほか、メモリ容量を2倍の最大512GBまで増強できる。

 これらの強化により、企業での中小規模の業務システム、DBやオンライントランザクション処理システムなどに適した、優れた性能と柔軟な拡張性を提供する。

 なお価格は、「EP8000 780」が3830万200円から、「EP8000 770」が1685万1600円から、「EP8000 750」が1057万800円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028664


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ