パナソニック、インテル新アーキテクチャ搭載ノートPCなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、インテル新アーキテクチャ搭載ノートPCなどを発売


掲載日:2010/02/09


News

 パナソニック株式会社は、モバイルノートPC「Let’snote」の法人向け春モデル「F9/S9/N9/R9/Y9/W9/T9」シリーズを、2月19日より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「F9/S9/N9/R9」シリーズでは、“インテル ターボ・ブースト・テクノロジー”を採用したCore vProプロセッサファミリーを搭載しており、コアの使用状況と作業の負荷に応じて自動的にパフォーマンスを引き上げる機能と、高速なマルチタスク処理により、作業速度を向上できる(「F9/S9/N9」はCore i5-520Mを、「R9」はCore i7-620UMを搭載)。「R9」は新放熱設計を採用して内部構造を一新しており、Core i7を搭載しながら小型化されている。

 容量3100mAhのリチウム電池を搭載し、「S9/N9」で約14時間など長時間のバッテリ駆動が可能で、軽量化も図られている。また、Windows 7 Professional正規版を搭載し、Windows XP環境をWindows 7デスクトップで実行できる“Windows XP Mode”に標準で対応する。XPダウングレードサービス済みモデルも用意される。

 起動時間を前モデル比で約4.7倍高速化できるモード“Fast Boot Mode”を備えている。また、プロジェクタや外部ディスプレイへの切り替えを容易に行なえるアプリケーションが開発され、ワイド画面表示を容易に4:3の画像に切り替えてプロジェクタなどに映し出すことができる。

 「S9/N9」では、様々な無線通信機能が件名対応で提供され、モバイルWiMAX/無線LAN/ワイヤレスWAN/Bluetoothをすべて搭載することもできる。また、標準モデルを対象として、4年間無償保証が提供される。

 「Y9/W9/T9」シリーズは、4:3のスクエア画面を搭載した法人向け限定のシリーズ。「Y9」で超低電圧版Core 2 DuoプロセッサSU9600(1.60GHz)を採用し、「W9/T9」でHDDを320GBに増強するなど、基本性能が向上している。

 各シリーズとも、76cm動作落下試験や100kgf加圧振動試験を実施しているほか、キーボード全面防滴を実現し、堅牢性に優れている。また、様々なカスタマイズやサービスも用意され、用途に合わせて選択できる。バッテリ3年保証サービスも件名対応で提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028630


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ