アイレックス、CO2排出に配慮したJavaソース自動生成ツール発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイレックス、CO2排出に配慮したJavaソース自動生成ツール発売


掲載日:2010/02/05


News

 株式会社アイレックスは、カーボンオフセットを利用することで、開発におけるCO2排出量を0以下にオフセットできる、Javaソース自動生成ツール「アイクリエーション(aiCreation)」を、2月15日より発売する。

 「アイクリエーション」では、HTMLからJSPやSQL文を含むJavaプログラムを最大100%自動生成でき、容易/迅速にWebアプリを自動生成できる。また、設計仕様書に必要な情報を入力してJava自動生成ツールを実行することで、選択画面や選択メニューを容易に生成でき、コーディング量の削減や、開発期間の短縮、品質向上を図れる。更に、Webアプリ作成時に使用される主な機能を標準装備しているため、製造時間を短縮でき(ASP.NET比約7割減)、生産性の向上を図れる。

 事前に調達されたニュージーランドの森林吸収源の排出権(AAU)を償却するカーボンオフセットを利用することで、CO2排出量を0にオフセットする(一般的なサーバを使用したと仮定し、CO2排出量を測定した場合)。更に、中国・内モンゴル自治区での植林活動を支援することで、CO2排出量をマイナスにオフセットすることを目指す。また、同製品のCDパッケージやカタログは、カーボンオフセットを利用した素材を採用している。

 なお価格は、「基本パック」が230万円、「拡張パック」が240万円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2010年2月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028609


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ