NRIセキュア、Web感染型マルウェア検知サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、Web感染型マルウェア検知サービスを提供


掲載日:2010/02/05


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は、「Gumblar」などマルウェアによるWebサイトへの攻撃を、24時間体制で検知する「Web感染型マルウェア検知サービス」の提供を、開始した。

 「Web感染型マルウェア検知サービス」は、Webサイトのマルウェア感染を早い段階で検知することで、感染被害の拡大を防止するためのサービス。NRIセキュアが開発した制御プログラムと、株式会社フォティーンフォティ技術研究所が開発したソフトウェア「Origma+」で構成する監視プログラムを用いて、Webサイトのマルウェア感染を定期的に巡回監視する。NRIセキュアの日米3拠点で展開するインシデントレスポンス体制の運用監視メンバーが検知と分析を行ない、緊急連絡や対応方針の助言などの対応を行なう。日米の時差を利用して24時間365日体制の監視を実施し、マルウェアを検知した場合は、分析結果とともにリアルタイムに報告が行なわれる。

 「Origma+」で使用されるマルウェア検知エンジンは、プログラムの挙動に注目して感染活動を行なうマルウェア本体を高精度に検出可能なヒューリスティック検出技術を実装しており、検知を回避する技術が高度化しているマルウェア、特に感染初期の未知のマルウェア発見を支援する。監視状況やマルウェア感染した場合の分析結果は、月次レポートで提供される。また、ユーザ単位で専用の監視サーバを構築し、複数ドメインの監視も可能となっている。マルウェアを検知した後の原因の特定、証拠保全、影響範囲の調査、被害の拡散や再発防止にいたる事後対策支援については、別途「セキュリティ事故対応支援サービス」が用意されている。

 なお「Web感染型マルウェア検知サービス」の価格は、監視サーバ1台あたり月額36万8000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 【トレンドマイクロ】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 アプリケーションセキュリティ シフトレフト支援ソリューション 【アスタリスク・リサーチ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? システムの脆弱性を激減させるための開発段階でのセキュリティ対策を提供。トレーニング、チェックツール、脆弱性診断など高品質サービスを安価な年間定額で提供。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028597


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ