日立システム、文書のライフサイクル管理支援する製品の新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システム、文書のライフサイクル管理支援する製品の新版出荷


掲載日:2010/02/05


News

 株式会社日立システムアンドサービスは、文書の審査/承認機能や、シングルサインオンによる他システムとの連携支援機能などの新機能を追加し、文書管理の効率向上を図ったドキュメントソリューション「ラビニティ One 01-10」を、出荷した。

 「ラビニティ One」は、リッチクライアント技術を用いた操作性の高い画面と、協働での文書作成を支援するワークスペース機能を備え、オフィス環境における文書の一元管理と管理コストの削減を支援するソリューション。今回の新機能では、証跡管理に対応し、作成した文書の審査/承認や、承認済み文書の保管、指定期間までの公開機能を追加した。これにより、コンプライアンス強化のための証跡管理など、承認を必要とする文書を効率よく管理できる。また、承認済み文書の公開期間、保管期限を設定でき、文書の作成から審査/承認、保管、公開、廃棄といった文書のライフサイクルを厳密に管理可能となる。

 他システムからの連携を支援する機能も追加され、他システムの業務中に、ログインを意識せずに「ラビニティ One」の画面を起動でき、関連文書の確認などの文書管理業務をスムーズに行なえる環境を実現する。ソリューションとして、株式会社日立中国ソリューションズのワークフロー「Hi-PerBT ウェブ申請」や、インフォテック・アーキテクツ株式会社の「Create!Webフロー」、株式会社ネオジャパンのグループウェア「desknet’s」、日本CA株式会社のWebシステムアクセスマネジメント「CA SiteMinder」などの製品と連携するほか、他システムから文書の登録/更新/削除など、業務要件に合わせた細かな操作を可能とするオプション製品「ラビニティ One SDK」も提供する。


出荷日・発売日 2010年2月1日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028593


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ