アシスト、ストレージ・コストを削減するDB基盤を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、ストレージ・コストを削減するDB基盤を提供


掲載日:2010/02/04


News

 株式会社アシストは、Oracle Databaseを中核としたDB基盤ソリューション「DODAI」シリーズで、エンタープライズ・モデルの5分の1程度のストレージ・コストで同等の機能を実現する「DODAI-h ストレージ・コスト削減モデル Windows版」の提供を、開始した。

 「DODAI-h ストレージ・コスト削減モデル Windows版」では、ハードウェア/ソフトウェアの購入から構築、保守サポートまで、実際にユーザが利用できるまでに必要な環境が整備される。また、サーバのCPU数やメモリ、ディスクの変更やバックアップ構成の追加、教育プランの追加など、ニーズに合わせたカスタマイズも行なえる。DB基盤に優れた可用性と拡張性を提供するクラスタリング技術“Oracle Real Application Clusters(RAC)”に、HP製のx86サーバ「HP ProLiant DL」シリーズ、「HP StorageWorks Modular Smart Array」シリーズなどを組み合わせており、廉価ながら性能と信頼性に優れたDB基盤を構築できる。

 同社では、ハードウェアの性能を最大限引き出す設計、障害検証、高負荷検証、耐久テストなどの様々な事前検証を行なっている。Oracle Databaseの自動ストレージ管理機能“Automatic Storage Management”機能を活用することで、エントリ・モデルのストレージでもエンタープライズ・モデルと同等の信頼性を保持でき、データ保護を強化するためにストレージ2台のミラー構成にした場合でもコストを5分の1程度に抑制できるとしている。

 なお価格は、「Oracle Database Enterprise Editionプロセッサ・ライセンス」(4プロセッサ・ライセンス相当)が3800万円から、「Oracle Database Standard Editionプロセッサ・ライセンス」(2プロセッサ・ライセンス相当)が1500万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「アシスト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028592


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ