NTTソフトウェア、Salesforce CRMと「スマートセミナー」を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、Salesforce CRMと「スマートセミナー」を連携


掲載日:2010/02/04


News

 NTTソフトウェア株式会社は、株式会社シャノン、株式会社テラスカイと共同で、株式会社セールスフォース・ドットコムのSaaS(オンデマンド)CRMサービス「Salesforce CRM」(顧客管理サービス)と、シャノンのマーケティング支援SaaSアプリケーション「スマートセミナー」のクラウド上の情報を連携することで、マーケティングと営業活動を効率化する「SkyOnDemand for SmartSeminar」を開発し、発売した。

 今回発売された「SkyOnDemand」では、クラウド上でのオンデマンドサービスとして提供されている顧客管理サービス「Salesforce CRM」と「スマートセミナー」のシームレスな情報連携を図れる。これにより、顧客は自社でシステムを開発/保持せずに、短期間に最小限のコストで「Salesforce CRM」/「スマートセミナー」のサービスを活用できる。

 「SkyOnDemand」の機能で、「スマートセミナー」で管理するキャンペーン結果と「Salesforce CRM」で管理する営業活動結果を連携して、「見込み客獲得(リード獲得)〜商談発生〜商談成立」という一連の営業フローを統合管理することで、キャンペーン別の商談成立件数と収益を算出でき、マーケティング活動の投資効果を可視化できる。また、「スマートセミナー」で管理している、顧客の情報(申し込み履歴、メール履歴、来場履歴など)から顧客の活動状況を数値(アクティビティスコア)として算出し、有望顧客(HOTリード)のみを「Salesforce CRM」に登録できるため、営業担当は有望顧客に対応した効率的な営業活動を行なえる。停滞リード/失注(ロスト商談)の情報を「Salesforce CRM」から「スマートセミナー」へフィードバックすることで、効果的なリマーケティングを行なえる。

 「Salesforce CRM」/「スマートセミナー」/「SkyOnDemand」は、いずれもクラウド上で提供されるため、ハードウェア、ソフトウェアの購入、開発、運用が不要で、サービス利用度に合わせたコストで業務を行なえる。

 なお利用料金は、初期導入費用が60万円から、月額サービス料金が7万円からで、詳細は要問い合わせとなっている。


出荷日・発売日 2010年2月2日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 【日本ライフレイ】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】
CRM CRM CRM CRM CRM
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028574


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ