ユニスター、QNAP製NASのCPUをアップグレードし発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニスター、QNAP製NASのCPUをアップグレードし発売


掲載日:2010/02/03


News

 株式会社ユニスターは、QNAP製のNASのCPUをアップグレードし、「TS-239ProII」/「TS-439ProII」を、発売する。価格は、6万2900円/9万1900円(いずれも税込)となっている。

 今回発売されるNASでは、いずれもCPUがAtom D410(1.66GHz)にアップグレードされている。また、VMware vSphere4(ESX 4.0以降)との互換が認定されており、VMware仮想化環境やWindowsクラスタサーバのネットワーク共有ストレージとして利用できる。従来のSAN(ストレージエリアネットワーク)に比べ、IP SANでの設置費用や維持費用を低減できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない 【伊藤忠テクノソリューションズ】 「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く 【伊藤忠テクノソリューションズ】 ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態 【伊藤忠テクノソリューションズ】
NAS NAS NAS NAS NAS
データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない 「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028564


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ