日本クアンタムストレージ、データ管理ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本クアンタムストレージ、データ管理ソフトの新版を発売


掲載日:2010/02/03


News

 日本クアンタムストレージ株式会社は、高速データ共有機能や管理機能を強化したデータ管理ソフトウェアの新リリース「StorNext 4.0」を、2月より発売する。

 「StorNext」は、高速なデータ共有によるワークフローの改善や、階層型ストレージ構築によるアーカイブコストの改善を提供するデータ管理ソフトウェア。今回の新リリースでは、データ・デデュープ機能とポリシーベースのレプリケーション機能を統合し、ファイル管理とアーカイブ機能を拡張した。データ・デデュープ機能は、ファイル全体にわたって冗長なデータ・ブロックを検出してユニークなデータ・ブロックのみを保存し、大量データの継続処理や、保存、アクセスといった、データの急増するエンタープライズ環境に適している。

 レプリケーション機能には、分散環境全体でのデータの保護と管理を行なうための様々なオプションが用意されている。デデュープ機能により、ユニークなデータ・ブロックのみをインテリジェントにレプリケートできるため、必要とするネットワーク帯域幅も低減できる。また、階層化のために高速スループットを必要とするユーザは、ストレージ層とのデータの受け渡しをする経路の役割を担う「Distributed Data Mover」(DDM)機能を追加することで、新しい階層ファイルシステムにおけるデータムーバーの分散化を利用することもできる。「StorNext」ソリューションにDDMを追加することで、データ量が段階的に増えるアーカイブ向けに、システム性能も段階的に拡張可能となる。

 このほか新機能として、タイムコードベースのファイルの部分取り出しと、Webサービスベースの管理コンソールも追加されている。タイムコードベースのファイルの部分取り出し(PFR:Timecode-based Partial File Retrieval)では、タイムコード・パラメーターをベースにして、大きなファイルの一部分を取得できるため、メディア・データ管理アプリケーションのワークフローが簡略化される。またWebサービスベースの管理コンソールは、XMLベースのGUIを使用して、統合を向上させ、管理/監視の簡略化を提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】 フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028562


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ