日本IBM、クラウドのデータを一元管理できるアプライアンス出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、クラウドのデータを一元管理できるアプライアンス出荷


掲載日:2010/02/02


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、クラウド環境での膨大で様々なデータに、業務や法的要件に応じて、きめ細かく保管ポリシー(基準)を設定し、適切なコストで安全に管理できるストレージのアプライアンス製品「IBM Information Archive V1.1」を、2月6日より出荷する。最小構成価格は、2125万4000円となっている。

 「IBM Information Archive V1.1」は、データ・アーカイブ管理ソフトウェア「Tivoli System Storage Archive Manager(SSAM)」に加え、新たにデータ共有の標準的なプロトコルNFS(Network File System)に対応しており、多くのアーカイブ・アプリケーションやデータ管理ソフトウェアで利用できる。

 1テラバイト(TB)のSATAドライブを搭載しており、最大198.9TBまでの拡張性を備え、企業内に分散して保管されたデータを適切なコストで一元的に保管・管理できる。また、Tamper proof機能を搭載しており、不正なアクセスを防止しデータの改ざんや誤消去を回避でき、セキュリティ機能が更に強化されている。

 ディスク・システムと磁気テープなどのバックアップ・メディアの中間である“ニアライン・ストレージ”として位置づけられ、高性能ディスクや磁気テープと組み合わせることで、統一したデータ保存ポリシーを備えた階層型のストレージ基盤を構築できる。更に、情報保護レベルや廃棄管理で、“基本”/“中間”/“最大”の3つの水準を保管データのグループ単位で設定することで、データの廃棄や情報保護レベルによるテープ装置への移行を自動的に行なえる。

 様々なタイプのデータに対応する汎用のアーカイブ・リポジトリー(保管庫)として、クラウド環境のデータ保存に適したアプライアンス製品で、ユーザのビジネス・リスクを最小化し、規制準拠を支援する。


出荷日・発売日 2010年2月6日 出荷
価格 最小構成価格:2125万4000円

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 【arcserve Japan】 現状に合わせた最適化が必須!“バックアップ見直し”のススメ 【arcserve Japan】 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 【arcserve Japan】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 最大12TBまで使い放題!リストア楽々、簡単バックアップ マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028548


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ