提携:CTCSPとノベル、サーバ仮想化サービス提供で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:CTCSPとノベル、サーバ仮想化サービス提供で協業


掲載日:2010/02/02


News

 シーティーシー・エスピー株式会社とノベル株式会社は、OS混在環境下でのサーバ仮想化サービス提供で協業し、CTCSPの包括的なサービス体系「Smart Zero-One」で、ノベルの仮想化関連製品群「PlateSpin Workload Management」を提供すると、発表した。

 「Smart Zero-One」は、製品に依存せず、ユーザの業務要望に沿ったシステムを導入可能とするサービス体系。サービス体系内容を定型メニュー化し、低コスト化するため金額を定量化しているほか、メニューをモジュール化することで、品質の向上と構築時間の短縮を可能とする。今回の協業により、データ収集/解析/プランニングを行なう「PlateSpin Recon」と、様々なOS/仮想化環境へのデータ移行を可能とする「PlateSpin Migrate」、仮想化環境での災害対策を提供する「PlateSpin Protect」を組み合わせた仮想化サービスの提供が、開始された。

 「Smart Zero-One」では、新たなサーバ仮想化サービスとして、“システム状況把握からプランニング”、“データ移行”、“データ保護”の3つのフェーズにおけるサービスを提供する。システム状況把握からプランニングのサービスでは、Windows/Linux/Solarisに対応し、サーバの負荷状況/稼働状況などを収集して、OS混在環境下でのサーバ仮想化やオーバーヘッドを考慮した適切なマイグレーションプランニングが提供される。

 また、データ移行サービスは、Windows/Linux/Solarisと、仮想化環境VMware/Hyper-V/Xenに対応し、稼働中のサーバ移行も含めた物理/仮想/イメージ間のサーバマイグレーションサービスを提供する。データ保護サービスでは、仮想化環境下におけるローカルでのデータ保護サービスと、災害時のシステム保全復旧環境を構築するための包括的なサービスが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 クラウドでDR対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る 【ニフティ】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 クラウドでディザスタリカバリー対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028540


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ