NTTソフトウェア、国際標準規格に対応した認証連携製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、国際標準規格に対応した認証連携製品を発売


掲載日:2010/02/02


News

 NTTソフトウェア株式会社は、各Webサイトの認証時に、利用者の属性情報(所属企業情報、住所情報、メールアドレスなど)を安全に交換できる“認証連携時の属性情報交換機能”を提供する製品として、国際標準規格に準拠した「TrustBind/Federation Manager 1.3」を、発売した。

 「TrustBind/Federation Manager 1.3」は、Webサイト間での認証連携機能に加え、ユーザの個人情報を安全に交換するための属性情報交換機能を提供する認証連携製品。情報交換の仕組みとして、メッセージ交換にSOAPやSSLなどの標準技術を採用することでSOA(Service-Oriented Architecture)やSaaS(Software as a Service)との優れた親和性を提供する国際標準プロトコル“ID-WSF2.0”が採用されている。また「TrustBind/Federation Manager 1.3」は、“ID-WSF2.0”の仕様を策定した認定機関であるLiberty Allianceによる、製品レベルでの相互接続性試験(Interoperability Test)に合格したNTT情報流通プラットフォーム研究所の「I-dLive」を基にしている。

 複数のSaaSサービスなどを利用するユーザは、認証連携されたSaaSサービスに跨って利用する場合には、自分の属性情報(住所情報、口座情報など)を一度入力することで、すべてのサービスを利用可能となる。また、Webサイト事業者は、“ID-WSF2.0”に対応したWebサイトと連携する際には、新たなシステム開発が不要となり、コスト/接続期間の短縮と、安全な認証連携を図ることができる。また、企画から保守運用までの一貫したサポートも提供される。なお価格は、標準的な構成で1サイトあたり1500万円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年1月29日 発売
価格 1サイトあたり1500万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 NeoFace Monitor 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028539


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ