ユニテックス、CMT装置の継続運用プログラムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニテックス、CMT装置の継続運用プログラムを提供


掲載日:2010/02/01


News

 株式会社ユニテックスは、1/2インチカートリッジ磁気テープ(CMT)装置の継続運用プログラム「TapeCare」を、発表した。保守延長サービスの提供が開始されたほか、互換機へのリプレースプログラムも用意されている。

 保守延長サービスでは、同社に加え他社から販売されたCMT装置も対象としており、VDSの「MS843EWS」/「MS8436」/「MS8418」/「MS8400Z」や、IBMの「3490-F01」/「3490-F11」、Overlandの「L490E」などの機種に対応する。契約時に保守が不可能と判断された場合、または、延長保守期間中に保守不可能となった場合には、代替機(相当品を含む)と交換することで、契約された保守期間を保証する。保守期間は、契約締結後2年間を限度とする。また、保守メニューは、24時間・365日、12時間・365日、平日・9〜17時から選択できる。価格は、個別見積となっている。

 互換機へのリプレースプログラムは、保守延長期限の2年間を超えて使用する予定のユーザのために用意されたプログラム。リプレース費用の予算化に時間がかかる場合は、現用システムの保守を延長後、互換機へリプレースすることもできる。リプレース機は製品販売から5年間の保守を行なう(別途保守契約が必要)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028525


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ