フェンリル、ファイル管理ソフトの新版を無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フェンリル、ファイル管理ソフトの新版を無償提供


掲載日:2010/01/29


News

 フェンリル株式会社は、ファイル管理ソフト「FenrirFS」の新版「FenrirFS 1.1.0」とUSBメモリ対応の「Portable FenrirFS」の提供を、開始した。両ソフトともに、同社のWebサイトより無料でダウンロードできる。

 「FenrirFS」は、PCに保存されている各種ファイルを整理整頓し、管理を容易にするソフトウェア。ファイルをドラッグ&ドロップで登録し、カラフルなラベルを付けてカテゴリ別に分類して管理できる。

 今回の新版では、エイリアスを利用したファイル登録が可能になり、エイリアスを作成することで、ファイルの実体は動かさずに「FenrirFS」に登録できる。また、ラベルの複数選択による、ファイルの絞り込み表示ができるようになり、ラベルの複数選択時の条件設定は、絞り込み(AND)またはすべて表示(OR)を選択でき、ラベル選択から関連ファイルを見つけ出しやすくなった。

 初期設定ではファイル名の前に表示されるラベルも、ファイル名の後ろやファイル名カラムの右端に揃えて表示できるなど、自分の見やすいレイアウトにカスタマイズできる。また、作成されたプロファイルフォルダは、ファイルの参照先を指定することができ、Dドライブや外付けディスクなど、Cドライブ以外のフォルダを参照したい場合も容易にカスタマイズできる。

 検索機能が拡張され、ファイル名とコメント入力内容以外も検索可能になった。“label:キーワード”を入力すると、ラベル名をキーワード検索することができ、そのほかにもファイルサイズや最終アクセスなどでもファイルの絞り込みができるため、よりファイルを見つけ出しやすくなる。更に、いくつかの機能改善が行なわれており、ファイル管理をより効率良く行なえる。

 USBメモリ対応の「Portable FenrirFS」は、複数のPCで作業する場合などに、USBメモリに入れて使用することで、登録しているファイルごと持ち出すことができ、環境による影響を受けずにファイルを管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ナレッジマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ナレッジマネジメント」関連情報をランダムに表示しています。

「ナレッジマネジメント」関連の製品

かんたんWebデータベース【サイボウズ デヂエ 8】 【サイボウズ】 ビジュアルマネージャー 【ネットパイロティング】 マニュアル制作ツール WikiWorks 【ナレッジオンデマンド】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) Vitals ESP 【ギャラクシーソフトウェアサービス】
ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント
クレーム管理や顧客管理などのアプリケーションを簡単な操作で構築できる、かんたんWebデータベース。 小売業のチェーンストアーに特化した店頭画像管理ツール。ビジュアルマーチャンダイジングの強化を目的としており、棚割、店内掲示など成功事例の画像による共有を実現。 マニュアルなどのドキュメントを効率的に作成できるツール。マニュアル制作に特化した多彩な機能群により効率的なマニュアル制作を可能にし、コストと手間を削減する。 企業内コンテンツを管理、同期できるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)プラットフォーム。ナレッジマネジメント、病院評価管理システムなども併せて提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028508


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ