アシスト、「CA Access Control」向けログ管理パックを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、「CA Access Control」向けログ管理パックを提供


掲載日:2010/01/27


News

 株式会社アシストは、サーバのアクセス管理ツール「CA Access Control」(開発元:日本CA株式会社)で取得したログを対象に、ログの集約/長期保存からモニタリングまで、一連のログ管理機能を短期間で構築できる「CA Access Control ログ管理パック」の提供を、開始した。

 「CA Access Control ログ管理パック」は、統合ログ管理ツールと、アシストの技術支援サービス/プロダクト・サポートを組み合わせたソリューション。統合ログ管理ツールは、ログの規模に応じて、大規模であれば「SenSage Enterprise Security Analytics」(開発元:米SenSage,Inc.)、中小規模であれば「Logstorage」(開発元:インフォサイエンス株式会社)のいずれかを選択できる。

 各サーバから出力された「CA Access Control」のログは、ログ取り込み用定義(アダプタ)を通じて、夜間バッチで前日分のログが統合ログ管理ツールに自動的に収集される。収集されたログは、事前に準備された10種類以上のレポート・テンプレートにより、違反ファイルの操作履歴や共有ユーザへのなりかわり履歴など、様々な角度から容易にモニタリング可能となる。なお価格は、「Logstorage Workgroup版」プロダクト・ライセンス、集計モジュール、レポート・モジュールと、初年度プロダクト・サポート料金、設計、導入作業、トレーニング、5クライアント・ライセンスを含む最小構成の場合で、198万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成:198万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 その仮想化導入は損してる? スグできる直接/間接コスト計算術 【日商エレクトロニクス】 ファイルサーバー統合管理システムGDMS3.0 【ジャストシステム】 ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術 肥大化したファイルサーバーを素早く「状況把握」「分析」「整理」し、肥大化対策とセキュリティ管理の自動化を実現するシステム。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。 肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028468


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ