パナソニック、日本語・英語活字カラーOCRをバージョンアップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、日本語・英語活字カラーOCRをバージョンアップ


掲載日:2010/01/27


News

 パナソニック株式会社デジタルAVCマーケティング本部は、日本語・英語活字カラーOCRソフトの新製品「読取革命Ver.14」を、2月12日より発売する。

 「読取革命Ver.14」は、紙文書やPDFファイルを用途に合わせて、Word/Excel/PowerPoint/PDFなどの編集可能なファイル形式に変換するPC用ソフト。今回のバージョンアップ版は、オフィスの業務を効率化するため、Microsoft Windows 7への対応、Excelファイルへの変換機能の強化、名刺管理ソフトなど同梱ソフトの充実など、多機能化・高性能化を図っている。

 アプリケーションの起動・動作スピードが改善されており、Ver.13に比べ、起動時間は約4分の1に、Word、Excelファイルなどへの変換時間は約3分の2に短縮されている。高速化されたことで、大量の文書を変換する場合や同時に他のアプリケーションを起動している状態でも、スムーズに作業できる。また、Excel 2007ファイル形式への変換時、セル結合設定を選択できるほか、OCRエンジンの精度が向上したことで、下線付き文字の認識も可能になり、それぞれの文書特性に合わせた認識・変換を行なうことで、編集業務の効率化とデータの二次活用を図れる。

 名刺管理ソフト「名刺読取革命Ver.2」が同梱され、名刺をスキャナ、カメラ付き携帯電話から読み取り、名刺DBを作成・管理できる。また、指定フォルダを監視して、イメージデータをWordやExcelファイルに自動変換する「フォルダーウォッチャー」、画面キャプチャーした画像をそのまま文字認識し、編集可能な文字データに変換する「クリップボードOCR」などのソフトも同梱されている。

 製品版は、ダウンロード販売も行なわれるほか、法人企業向けのライセンス版(5/10/25クライアント用)も提供される。


出荷日・発売日 2010年2月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028462


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ