富士通、企業向けPCでインテル新プラットフォーム搭載モデル提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、企業向けPCでインテル新プラットフォーム搭載モデル提供


掲載日:2010/01/25


News

 富士通株式会社は、企業向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」、デスクトップPC「FMV-ESPRIMO」、PCワークステーション「CELSIUS」で、インテル社製の新プラットフォームを搭載した全7シリーズ21機種を、1月下旬より順次提供する。

 今回、インテル社製の新CPUのCoreプロセッサ・ファミリーを搭載するなど基本性能が強化されたほか、国際エネルギースタープログラムの新基準にも対応しており、環境負荷低減を支援する。また、Windows 7 Professionalを全機種に搭載している。

 「FMV-LIFEBOOK」では、15.6インチのワイドスタンダードモデル「FMV-A8390」が新規に提供される。Core i5プロセッサまたはCore i3プロセッサを選択できる新プラットフォームを搭載している。また、大画面スリムモバイル「FMV-S8490」では、Core i3プロセッサを搭載している。従来モデル「FMV-S8390」に比べ軽量化を達成したほか、マウスを使わずに画面の上下スクロールを行なえる“スクロールパッド”を搭載し、Web画面の閲覧や表計算ソフトなどの操作性が向上している。更に、使用状況に応じて電力量や電気料金、CO2排出量などを可視化するアプリケーション「Systemwalker Desktop Patrol Lite」を標準添付しているほか、すべてのモデルが国際エネルギースタープログラムの新基準に対応しており、環境負荷低減を支援する。

 「FMV-ESPRIMO」では、コンパクト型ハイエンドモデル「FMV-D5390」が新規に提供される。カスタムメイドでCore i5 vProプロセッサを搭載でき、PCの保守や運用管理機能を強化できる“インテル vPro テクノロジー”に対応できる。更に、ディスプレイを2台接続できるマルチモニタ機能を標準装備しているほか、カスタムメイドでRAID構成を選択できる。また、新プラットフォームを搭載したことで、従来モデルに比べ、最大約1.3倍の高速化を達成しており、高性能へのニーズに対応する。国際エネルギースタープログラム対応モデルもラインアップされており、PC本体からディスプレイへの電源供給を実現する“電源連動型サービスコンセント”を標準装備している。

 「CELSIUS」では、PCワークステーションのミニタワーモデル「CELSIUS W380/W480」と、コンパクトモデル「CELSIUS J380」が新規に提供される。いずれも、Core i-5/i-3プロセッサなどを搭載できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028428


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ