I-Oデータ、大容量ビジネスNASで2ドライブモデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、大容量ビジネスNASで2ドライブモデルを出荷


掲載日:2010/01/22


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、大容量ビジネスNAS「LAN DISK XR」で、2ドライブモデル「HDL-XR1.0/2D」を、2月上旬(予定)より出荷する。価格は、7万4300円となっている。

 「HDL-XR1.0/2D」は、HDD(カートリッジ)を4台搭載可能な「LAN DISK XR」本体に2台搭載にすることで、導入しやすい価格と拡張性を備えたモデル。4ドライブ搭載モデルと同様に管理機能や信頼性を向上させるための機能も搭載している。

 2HDD時にはRAID 0(ストライピング)、RAID 1(ミラーリング)に対応している。空いている2つの増設ベイに後からHDDを増設でき、HDDを増設後には、RAID 5/1m+S/6などのRAID方式に対応する。また、2台のHDDをRAID 1で利用中に、更に2台のHDDを増設してRAID 1m+Sで運用する場合は、保存データを残したまま増設できる。

 有償保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス」の対象製品で、故障発生時に現場対応が提供される。メーカが直接サービスを行なうため、故障が発生しても迅速に復帰できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 7万4300円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
NAS NAS NAS NAS NAS
美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 「高密度SSD対応フラッシュストレージ」で得られるメリットを詳細解説 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028419


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ