キヤノンMJ、環境性能が向上したA3モノクロレーザープリンタ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンMJ、環境性能が向上したA3モノクロレーザープリンタ発売


掲載日:2010/01/21


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、ホームオフィスや中/小規模事業所向けのA3対応モノクロレーザープリンタの新製品「Satera LBP8630/8620/8610」の3機種を、1月下旬より発売する。

 「Satera LBP8630/8620/8610」は、環境対応の強化を図るとともに、印字速度の高速化や操作性の向上を実現したモノクロレーザープリンタ。新たに開発されたエンジンを採用したことで、出力スピードが、「LBP8630」で毎分37枚、「LBP8620」で32枚、「LBP8610」で27枚(いずれもA4ヨコ)に高速化されている。また、表示部が5行に拡大され視認性が向上した“ワイドLCDパネル”を採用し、アニメーションで作業手順を分かりやすくガイドするなど操作性が向上している。

 植物原料由来成分を25%以上含んだバイオマスプラスチックを、直接手に触れる本体の操作ボタンに採用しており、ユーザの環境意識の向上を図っている。また、本体とフィーダー(オプション)の一部の部材に100%リサイクル材を採用し、環境負荷低減を図っている。フィーダーに使用するリサイクル材は、新品のプラスチック材を加えず、回収したキヤノン製品の使用済みプラスチック材に物性復帰材を加え新品のプラスチック材と同等の品質を確保している。

 国際エネルギースタープログラムで定められた標準消費電力量(TEC基準)で、「LBP8630」は2.17kWh、「LBP8620」は2.03kWh、「LBP8610」は1.74kWhを達成している。また、インターネットを利用してプリンタの状態を自動検知する遠隔監視システム「NETEYE」に標準対応している(別途、保守点検サービス“キヤノン・ケア・ギャランティー(CCG)”の契約が必要)。トナー残量の情報を事前登録されたメールアドレスに自動通知する新サービス(4月サービス開始予定)に対応している。

 なお価格は、「LBP8630」が14万8000円、「LBP8620」が12万8000円、「LBP8610」が10万8000円となっている。


出荷日・発売日 2010年1月下旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028405


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ