CSKシステムズ中部、工場現場向け「WiFi安全記録管理」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSKシステムズ中部、工場現場向け「WiFi安全記録管理」を発売


掲載日:2010/01/21


News

 株式会社CSKシステムズ中部は、工場現場での製造実行を支援するための製品/サービス群「製造実行支援」シリーズで、安全衛生環境の整備を支援し、特に製造現場の加工工程での危険区域の安全管理に関する業務を改善できるシステム「WiFi安全記録管理」を、発売した。

 「WiFi安全記録管理」は、作業者の危険区域への入退状況を可視化することで、事故リスクの低減と安全トレーサビリティ(証跡)の維持を可能にするシステム。無線LAN技術を利用したWi-Fiタグを作業者全員が携帯し、作業者の危険区域への立ち入りと退去を移動記録として継続的に位置測定を行なった結果から、作業者ごとの危険区域の滞留時間を集計することで、金属粉塵が多いなど健康管理上影響が出る区域に長時間滞在している状況や、本来危険区域のため回避すべき経路を暗黙的に使用している実態など、安全管理上のリスクの実態を、管理者に対して明確化できる。更に、非権限者の立ち入りを識別するなど、移動記録を活用した安全管理の改善が可能になる。また、作業者に負荷をかけず、容易に実績収集を行なえる。

 セットには、Wi-Fiタグ15個とWi-Fiタグ用充電器1個、パトランプ1個に加え、ソフトウェアとしてWi-Fi位置検知アプリケーション「Ekahau Vision」15クライアントと、RFIDアプリケーションプラットフォーム「RFID ShareServer Enterprise」1ライセンスと「WiFi安全記録管理」ソフトウェア1ライセンスが含まれている。なお価格は、300万円で、「RFID ShareServer Enterprise」の保守契約が別途必要となる。


出荷日・発売日 2010年1月20日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028396


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ