ISA、DC環境変化を考慮し中規模UPSの電源電圧設定機能などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISA、DC環境変化を考慮し中規模UPSの電源電圧設定機能などを強化


掲載日:2010/01/20


News

 株式会社アイエスエイ(ISA)は、電源変換効率に優れた省エネモード運転を備え、様々な電源電圧設定の機能が強化された200V電源タイプの6kVAから20kVA常時インバータ方式中規模UPS「パワーガードマン」シリーズを、発売した。

 「パワーガードマン」シリーズは、データセンタなどに設置されているITシステムや研究施設などで連続運転利用される精密装置向けに、電源ノイズや瞬時停電などの原因から起こる電源品質リスクの低減や輸入機器混在運用での運転電圧リスクの低減を図れるUPS。安定的な電源を常に供給できる常時インバータ方式で、UNIX/Linux/Windows対応の電源管理ソフトが添付されている。また、操作や状態を把握できる液晶ディスプレイを搭載しているほか、発電機との連携動作が可能になっている。

 今回、入力電圧範囲が160〜276VACに強化されたほか、出力電圧の選択肢が200V/208V/220V/230V/240VAC(±2%)に拡大された。また、“省エネ運転モード”では、商用電源安定時はUPSをバイパスし消費電力を抑え、電源変動が大きく変化すると自動的にインバータ給電に切り替わる。

 6kVAから10kVAのUPSは6u(1u=44.45mm)サイズのラック搭載可能型も提供され、中規模UPSをラック内に組み込みんでシステムとして電源環境管理の機能までも統合することができる。

 また同社は、システム電源の計画立案から施工・保守まで技術支援を行なう「パワーマネジメント・ソリューション」で、省エネ対策を目的としたIT電力メータ「IT積さん」を使用した環境計測の技術支援を強化し、提供を開始した。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028386


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ