レノボ、Core iプロセッサを搭載可能なデスクトップPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、Core iプロセッサを搭載可能なデスクトップPCを発売


掲載日:2010/01/20


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、Core iシリーズプロセッサを搭載したエンタープライズ向けデスクトップPC「ThinkCentre M90/M90p」を、発売した。

 「M90/M90p」では、Tower、Small、Eco Ultra Smallの3種類の筐体サイズが用意されており、用途やオフィスのスペースに合わせて選択できる。環境に加え使い勝手にも配慮されており、安全な作業環境を提供できる。“ENERGY STAR”に適合しており、製品には最大42%のリサイクル材料が使用されている。また、およそ2000種類の潜在的危険物質の有無の確認を含むGEI(GREENGUARD Environmental Institute)のテストにも合格している。更に、比較的重量のあるTower筐体を持ち運ぶ際にユーザの身体を痛めないように考慮されたキャリーハンドルを採用するなど、人体工学に基づいたデザインを採用している。

 インテル社の新しい高性能プロセッサ、Core iシリーズまたはPentium G6950プロセッサを搭載しているため、大量のデータを扱う作業やマルチタスクの処理など、PCに負荷のかかる作業もスムーズに処理できる。また、“ThinkVantageテクノロジー”の1つで、今後販売予定のソフトウェア製品“Hardware Password Manager”に対応しており、IT担当者はユーザ、管理者、BIOS、HDDの各パスワードを統括して管理できる。これによりデータ・セキュリティ全体のレベルを向上させながら、社員のパスワード再設定などにともなう手間を省ける。

 “ThinkVantage”テクノロジーの“ThinkVantage Power Manager”を搭載した「ThinkCentre」やモニタの電源設定を管理でき、AD(Active Directory)に対応した管理を行なえるため、ユーザが設定した電源管理の内容とスケジュールに基づいてPCをコントロールでき、電力節約とコスト削減を図れる。

 「M90」では、Tower筐体はCore i5-750プロセッサを搭載しており、Small/Eco Ultra Small筐体では、Core i3-530プロセッサまたはPentium G6950プロセッサを選択できる。また、「M90p」では、Tower筐体はCore i5-660 プロセッサを、Small/Eco Ultra Small筐体はCore i5-660プロセッサまたはCore i5-650プロセッサを選択できる。

 いずれも“ThinkVantage”テクノロジーの“ThinkVantage Power Manager”が初期導入されており、消費電力を管理することで、電気料金を含めたITコストの削減を図れる。


出荷日・発売日 2010年1月19日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028385


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ