サイベース、主要ソフトウェア製品の価格体系を改定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイベース、主要ソフトウェア製品の価格体系を改定


掲載日:2010/01/18


News

 サイベース株式会社は、主要ソフトウェア製品の価格とライセンス体系の改定を、行なった。

 今回の価格体系変更の主な対象製品は、エントリレベルのRDBMS製品「Sybase Adaptive Server Enterprise - Small Business Edition」(ASE SBE)と、大規模向けRDBMS「Sybase Adaptive Server Enterprise - Enterprise Edition」(ASE EE)。

 「ASE SBE」では、CPUチップ(ソケット)によるライセンス体系が導入され、コア数の上限が廃止された。ライセンス可能なサーバは、最大CPUソケット数が2つまでのサーバで、コア数に上限はないが、ライセンスはCPUごとに必要になる。これにより、Windows/Linux搭載の2ソケットサーバでの同製品の適用範囲が拡大された。また、従来はプラットフォームごとに異なっていた価格が全プラットフォームで統一されたことで、UNIX搭載の2ソケットサーバで利用する際に、更に廉価で導入できる。

 「ASE EE」では、UNIX/Windows/Linux各プラットフォームでの単価が統一され、マルチコア・プロセッサ搭載のハードウェアで利用する場合に、総コア数に係数を掛けた数が必要ライセンス数になる“マルチコア・スケーリング係数”が導入された。これにより、価格体系が簡素化され、UNIX搭載マシンで利用する際に、更に廉価で導入できる。

 なお、新価格は、いずれも全プラットフォーム共通で、「ASE SBE」が1チップごとに76万9000円、「ASE EE」がコアごとに619万8000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028352


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ