リコー、環境性能/使い勝手などに優れたフルカラー複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、環境性能/使い勝手などに優れたフルカラー複合機を発売


掲載日:2010/01/15


News

 株式会社リコーは、環境性能と使い勝手に優れ、高速化/高画質化を図ったデジタルフルカラー複合機「imagio MP C7501/C6001」2シリーズ4モデルを、1月20日より発売する。

 「MP C7501」シリーズは毎分カラー70枚/モノクロ75枚、「MP C6001」シリーズはカラー/モノクロとも毎分60枚(いずれもA4ヨコ)のコピースピードを備えた複合機。プリンタ/スキャナ機能が標準の「C7501SP/C6001SP」と、非搭載の「C7501/C6001」が用意されており、いずれもFAX機能はオプションとなっている。標準装備の原稿読み取り装置は、1度の通紙で原稿の両面を同時に読み取ることができる。スキャナ機能での両面読み取り時の速度は毎分カラー115ページ/モノクロ125ページ(A4ヨコ、200dpi)を達成している。また、“TEC値”(国際エネルギースタープログラムの測定法に基づく標準消費電力量)は「C7501SP」で8.42kWh、「C6001SP」は6.78kWhを達成している。

 操作部に8.5インチのフルカラータッチパネルを搭載し、視認性/操作性に優れている。また、色覚の個人差に配慮しており、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の“カラーユニバーサルデザイン認証”を取得しているほか、「C7501SP/C6001SP」は、印刷する際に元のデータの色を色覚の異なる人でも見分けやすい色に変換して印刷する“カラーユニバーサルデザイン対応印刷機能”を搭載し、より多くの人にドキュメントの意図を正確に伝えることができる。

 FAX番号の押し間違いを抑止する“宛先繰り返し入力機能”などを搭載し、FAXのセキュリティに関するガイドライン“FASEC1”に適合している。また、オプションの「個人認証システム」を利用することで、ICカード認証による機器の利用制限などを可能とし、印刷物の取り違えや取り忘れによる情報漏洩の抑止を支援する。

 コピー時は600dpiの読み取り/書き込みが可能で、「C7501SP/C6001SP」はプリント出力時に1200dpiの印字も可能となっている(プリント速度は遅くなる)。また、「C7501/C6001」専用に、EFI社製のFieryコントローラを搭載したオプションが2010年春より発売される予定で、カラーマネジメント機能や様々な編集機能を活用した印刷を可能とする。

 「C7501SP/C6001SP」は、PCなどIT機器端末からの操作で複合機の様々な機能を使いこなせるウィジェット型ソリューション「App2Me」に2010年春より対応する予定。


出荷日・発売日 2010年1月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028330


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ