ATENジャパン、32ポートのマトリックスKVMスイッチを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATENジャパン、32ポートのマトリックスKVMスイッチを出荷


掲載日:2010/01/13


News

 ATENジャパン株式会社は、エンタープライズ向けブランド“ALTUSEN”シリーズで、単体で複数のコンソールポートから別々のサーバに同時アクセスできるマトリックスKVMスイッチ「KM0932/KM0532」と、これらの製品とのデイジーチェーン接続に使用する専用ポート拡張ユニット「KM0032」の計3機種を、2月4日より出荷する。

 「KM0932」/「KM0532」はそれぞれ、9ユーザ32ポート/5ユーザ32ポートのマトリックスKVMスイッチ。自動スキュー調整機能を搭載しているため、優れた画質を提供しながら、“コンソールモジュール”と“コンピューターモジュール”間の距離を最大300mまで延長できる。「KM0932」では、コンソールポートをリアパネルに8ポート、フロントパネルに1ポート搭載しており、最大9ポート利用できる。各コンソールからは独立して異なるポートにアクセスできるため、複数の管理者で効率的に作業を進められる。

 デイジーチェーン接続/カスケード接続のいずれの方法でもKVMポートを増設でき、デイジーチェーン接続は「KM0032」を追加することで最大7台まで、カスケード接続は最大3段階まで可能で、将来的な増設にも柔軟に対応できる。また、冗長電源/オーディオ/バーチャルメディアの各機能を搭載しており、これらを活用することで、操作環境の安定性やシステム管理業務の利便性の向上を図れる。

 なお価格は、「KM0932」が84万円、「KM0532」が53万円、「KM0032」が78万円となっている。


出荷日・発売日 2010年2月4日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028298


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ