アンテナハウス、Flash対応のサーバサイド変換エンジンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンテナハウス、Flash対応のサーバサイド変換エンジンを出荷


掲載日:2010/01/13


News

 アンテナハウス株式会社は、Flash変換に対応したサーバサイド変換エンジン「サーバベース・コンバータ V3.0」を、出荷した。

 「サーバベース・コンバータ V3.0」は、プリンタドライバを使用せず、様々なファイルフォーマットへの変換を、サーバサイドで高速に安定して行なうことのできる変換エンジン。作成元アプリケーションのインストールは不要で、サーバサイドで高速に変換できる。また、対応OSもWindowsに加え、Linuxの各ディストリビューションも標準で対応しているほか、要望によりその他プラットホームにも対応可能なため、既存システムへの導入も構成を変更せず容易に行なうことができる。

 新たにFlash(SWF)、TIFF(multi-pageを含む)ファイルへの変換機能が追加された。社内の文書管理システムへ組み込むことで、検索結果のサムネイル作成機能を追加できるほか、携帯電話向けのサービスに組み込むことで、普段使用しているファイルを外出先でも確認可能となる。「サーバベース・コンバータ」を使用し画像変換、またはSVG変換することで、携帯電話上でも添付ファイルの内容を確認可能となっている。また、社内の文書管理において、保存するファイルフォーマットをPDFやXPSに統一することにより、システム開発の効率的な運用を図ることができる。


出荷日・発売日 2010年1月12日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革” 【アドビ システムズ 株式会社】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】 “デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革” 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 紙の削減だけがペーパーレス化? 視点を変えたら見違えた 実は中途半端なデジタル化 プロセスに依存する紙の呪縛から解放できる?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028291


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ