マクニカネットワークス、ProxySGなど向けレポートツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカネットワークス、ProxySGなど向けレポートツールを発売


掲載日:2010/01/13


News

 マクニカネットワークス株式会社は、米ブルーコートシステムズ社の帯域制御装置「PacketShaper」とセキュアWebゲートウェイ/WAN高速化装置「ProxySG」向けの、統合トラフィックレポーティングツールの新バージョン「Macnica LaLaViewer V3.0」を、発売した。

 「LaLaViewer」は、「PacketShaper」/「ProxySG」のサーバに蓄積された統計情報を自動的に収集・一元管理し、様々な角度からWANのトラフィックを分析できる統合レポーティングツール。1分間隔の統計情報の取得や長期保存、グラフ表示が可能となる。また、問題あるアプリケーションのアラート通知や定期的なPDFレポート自動作成などの機能を備えているため、企業のIT管理者は、トラブルシュートやレポート業務の工数を削減し、自社のネットワーク環境を戦略的にコントロールできる。

 今回の新バージョンでは、統計情報の取得とコンフィグバックアップが、「PacketShaper」に加え「ProxySG」にも対応した。「ProxySG」の管理画面上でのデータ(例:CPU使用率/メモリ使用率/トラフィック量)をすべて取得できるほか、指定した間隔でコンフィグを自動的にバックアップできる。また、言語を日本語/英語から選択可能となった。

 グラフ表示のカスタマイズ(色分け/塗りつぶし/重ね合わせ/積み上げ)が可能となり、閲覧したい期間のデータへ容易にアクセス可能となった。また、“Cross Analyze”(クロス分析)により、複数にわたる機器の統計情報を集約して1つのグラフで表示でき、一元的な解析を行なえる。

 なお価格は、最小構成価格(基本ライセンス:「PacketShaper」または「ProxySG」1台分、管理ユーザが5ユーザまでの場合)が20万円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年1月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「マクニカネットワークス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN」関連情報をランダムに表示しています。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028290


IT・IT製品TOP > 通信サービス > WAN > WANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ