アリババ、中国企業との商談を日本語で行なえる交渉フォーム提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アリババ、中国企業との商談を日本語で行なえる交渉フォーム提供


掲載日:2010/01/12


News

 アリババ株式会社は、中国からの調達を支援する企業間トレードサイト「Alibaba JAPAN」で、中国企業との取引に関わる商談を日本語で行なえる交渉フォームを、1月8日より提供する。

 今回提供される交渉フォームでは、日本企業が商品調達に関する交渉を中国企業と行なう際に、サイトの画面上で、価格や納期、発注ロット、引き渡し条件などの各項目を日本語で選択することで、中国企業に対して、自動的に翻訳されたメールを送信できる。また、ファイルの添付も行なえるため、画像や仕様書を併せて送信することで、求める商材のイメージを、より的確に伝えることもできる。これらにより、取引決定までの商談を、日本語で容易に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 AsReaderApps 【アスタリスク】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028287


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ