日本SGI、ソフトウェアの効率的な運用を支援するツールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本SGI、ソフトウェアの効率的な運用を支援するツールを出荷


掲載日:2010/01/08


News

 日本SGI株式会社は、Webブラウザでフローティングライセンスの利用状況をリアルタイムに可視化するWebツール「LicenseWatcher」を、出荷した。

 「LicenseWatcher」は、主にデザインや設計、解析業務で利用されるソフトウェアのフローティングライセンスの利用状況をリアルタイムに表示するとともに、メッセージ機能によってユーザ間の情報共有を促し、ソフトウェアの効果的な運用を可能とするWebツール。ユーザはWeb上でリアルタイムにソフトウェアの利用状況を確認でき、ソフトウェアを効率的に運用可能となる。ライセンスの利用状況(空き数グラフ)やユーザ利用状況(ユーザ名/端末名/起動時間など)といった詳細がリアルタイム表示され、異なる部門や事業所でのライセンス共有を支援する。ライセンス不足に陥った際には、画面上からメッセージ機能により、ユーザは管理者を介さずに利用者間の調整を行なうことができる。

 管理者は、ライセンス利用本数(時刻歴)やライセンス稼働率(時刻歴)、ユーザ別使用時間(指定期間)などの様々な統計情報を容易に取り出すことができ、ソフトウェアの運用改善や中/長期的なソフトウェア資産への投資効果の検証が可能となる。また、長時間起動されたままの非効率なライセンスを発見し、強制解放することで、ソフトウェアの効率的な運用も支援する。ライセンスサーバの稼働中/停止状態の通知やライセンス期限のメール通知などの機能も提供される。なお製品ライセンス価格は、58万円から(導入に関する費用などが別途必要)となっている。


出荷日・発売日 2010年1月7日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028271


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ