提携:エンカレッジとSBT、IT操作のヒューマンリスク対策で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:エンカレッジとSBT、IT操作のヒューマンリスク対策で協業


掲載日:2010/01/08


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社とソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、ITシステム操作のヒューマン・リスク対策で協業し、操作画面を動画像で保存することで点検/監査の負荷を軽減するソリューションを、提供する。

 SBTはエンカレッジと販売代理店契約を締結し、エンカレッジの「ESS REC」/「ESS AutoAuditor(EAA)」の販売を軸とした協業を開始する。「ESS REC」は、ITシステム操作のログを動画像として記録し、不正や誤りを追跡・分析する点検・監査ソリューション。動画像のほかに、ネットワーク接続や起動プログラム、キーボード入力などの情報も合わせた操作証跡レポートが自動作成され、分かりやすく可監査性に優れた記録として保存/再生できる。「EAA」は、重要なシステム変更を行なう作業で、不正な操作が行なわれていないかなどの監査作業を自動的に行なうことで、統制レベルを向上し統制作業の人的負荷を低減する自動突合ソリューション。

 今回SBTでは、「ESS REC」/「EAA」を採用し、従来提供してきたネットワークセキュリティ/アイデンティティ管理などのソリューションと合わせ、包括的なセキュリティ対策を提供する。今後、エンカレッジによる技術支援を受けて、「ESS REC」/「EAA」を軸にした共同ソリューションの開発などを手掛け、付随するハードウェア/ソフトウェアの供給や、初期構築/導入支援サービスなど、セキュリティにおける包括的なソリューションの提供を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028263


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ