グレープシティ、Javaパフォーマンスツールの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、Javaパフォーマンスツールの新版を発売


掲載日:2010/01/07


News

 グレープシティ株式会社は、クエスト・ソフトウェア株式会社の販売代理店として、Java向けパフォーマンスツールの新バージョン「JProbe 8.2J」の日本語版を、1月27日より発売する。

 「JProbe 8.2J」は、プログラマが実装と単体テストをストレスなく行なえるよう配慮したJavaパフォーマンスツール。Java開発の標準的な統合開発環境「Eclipse」のプラグインとしての稼働も可能となり、アプリケーションのテスト実行と同様の感覚で処理時間やメモリ使用量など各種の計測を行なうことができる。「Eclipse」だけでプログラミングとテストをシームレスに繰り返すことができ、プログラマの負担を軽減可能とする。また、DBアクセスにかかる時間を処理時間全体から分離可能となったほか、ヒープ領域の使用状況をプール別や世代別でリアルタイムに表示するなど表示情報の拡充、計測負荷の軽減、パフォーマンスの向上などの機能強化が図られている。

 動作環境面では、各社の64ビットOS/64ビットVMに対応したほか、富士通「Interstage」や日立「uCosminexus」といった国産アプリケーションサーバなど様々な環境に対応している。なお価格は、1開発ライセンスが19万円、1コンカレントライセンスが66万円となっているほか、今回の新バージョンでは使用台数に制限のないコーポレートライセンスとプロジェクトライセンスも用意されている。


出荷日・発売日 2010年1月27日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028241


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ