大塚商会とサイオス、MFPによる紙文書電子化ソリューション提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会とサイオス、MFPによる紙文書電子化ソリューション提供


掲載日:2010/01/06


News

 株式会社大塚商会とサイオステクノロジー株式会社は、複合機(MFP)のスキャナ機能を利用し、紙文書を編集可能な電子文書へ変換するソリューションを、1月25日より提供する。

 今回提供されるソリューションでは、株式会社リコー製複合機にスキャナ登録作業を可能とするサイオス製ソフト「Quickコンバート」を搭載し、大塚商会が導入支援/保守サービスを行なう。「Quickコンバート」を利用することで、スキャナ機能で文書を電子化する際に、データとして編集可能な形(Word/Excel/PowerPointなどOfficeをはじめとする各種フォーマット)に変換できる。これにより、紙文書の電子化による文書の保存/配布に加えて、電子文書へ変換されたデータの利用方法を拡大可能となる。

 電子化された文書はデータとして、グループウェアや業務システムなどのアプリケーションへ取り込むこともできる。「Quickコンバート」によって変換されたデータを取り込むことのできるアプリケーションは、名刺管理や当て込み印刷などを可能とする「やさしく」シリーズ(メディアドライブ株式会社)のほか、今後、株式会社OSK製「eValueNS」などアプリケーションを随時増やしていく予定。

 大塚商会が提供する導入支援サービスでは、企業における電子化の目的と現状業務を把握し、その環境や業務/運用方法に合わせたシステムの導入や運用について指導を行なう。これにより、個々の企業の業務形態に即した運用が可能となり、オフィスのデジタル化推進と業務効率の向上を図ることができる。なお価格は、「Quickコンバート」が9万8000円、導入支援サービスが5万円から、「たよれーるQuickコンバート保守」がMFP1台につき年額1万800円(別途MFP保守が必要)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028236


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ