EPSON、印刷速度約19ipmのA4対応インクジェットプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、印刷速度約19ipmのA4対応インクジェットプリンタを発売


掲載日:2010/01/05


News

 エプソン販売株式会社(EPSON)は、“オフィリオプリンター”シリーズで、A4対応ビジネスインクジェットプリンタ「PX-B510」/「PX-B310」を、1月下旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「PX-B510」はビジネス仕様でランニングコストを低減させたハイエンドモデル、「PX-B310」はビジネスに求められる機能と性能を備えたスタンダードモデル。いずれも、ワイドヘッドの採用やインク吐出量の拡大、高駆動周波数化により、印刷速度はカラー/モノクロとも約19ipm(A4)を達成している。また、一般オフィスでの文書印刷に加え、封筒やハガキ、名刺などのビジネスツール、薬袋、チラシ、POPなど様々な用途でのオンデマンドプリントに対応できる。

 10BASE-T/100BASE-TXネットワークに標準対応しているほか、オプションのUSBプリントサーバ「PS1103」(SEH Computertechnik GmbH製)を使用することで、IPv6や1000BASEギガビットのネットワークにも対応できる。また、フロントカセット(500枚)とリアASF(150枚)で普通紙を最大650枚給紙できるほか、2種類の給紙装置を使い分けることで、文書や様々なビジネスツールなどを効率的に印刷できる。フロントカセットからのハガキ給紙に対応しており、最大100枚のハガキをセットできる。

 同社が開発した紙送り機構により、大容量の高速連続給紙での紙詰まりを低減しており、信頼性が向上している。また、普通紙出力で総印刷枚数10万枚の耐久性を達成しており、業務印刷での高頻度稼働に対応できる。インクカートリッジやメンテナンスボックスの交換、カセットへの給紙、電源や機能設定のボタンなどの主な操作部を前面に集約しており、サイドスペースを気にせずに設置できる。大容量インクカートリッジの採用によりカラー印刷の低コスト化を達成しているほか、ノズル詰まりのトラブルを軽減する技術を採用している。

 環境にも配慮しており、“エコマーク”を取得しているほか、“国際エネルギースタープログラム適合”/“グリーン購入法適合”など各種環境基準に対応している。EUの“RoHS指令”にも対応している。また、自動両面印刷や、プリンタドライバの割り付け印刷機能を使用することで、用紙コストを抑制できる。資源の有効活用と地球環境保全を目的に、使用済みの同社純正インクカートリッジを回収している。


出荷日・発売日 2010年1月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028224


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ