SCS、BIツール連携を拡充したERPパッケージの機能強化版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCS、BIツール連携を拡充したERPパッケージの機能強化版を提供


掲載日:2010/01/06


News

 住商情報システム株式会社(SCS)は、ERPパッケージ「ProActive E2 管理会計システム」を機能強化し、1月より提供する。

 「ProActive E2 管理会計システム」は、企業グループ全体、各グループ企業の経営状況を把握するため、予算・見込・実績の対比や過年度比較、セグメント別の状況把握、財務比率分析などの機能を提供している。今回、優れた管理会計システムを構築できる機能強化が行なわれた。

 表計算ソフトなどによる、ユーザ独自のデータ加工・活用ニーズに、より柔軟に対応するため、管理会計データの外部出力機能で、出力可能になるデータやデータの抽出条件機能が見直され、機能が強化されたことにより、データを活用する際のデータ収集の負荷軽減を図れる。また、ウイングアークテクノロジーズ株式会社のBI(Business Intelligence)ツール「Dr.Sum EA」を対象に連携機能が強化され、分析システムの構築時に必要になるデータ・キューブやレポート設計の定義がサンプルとして標準提供されている。

 過年度データや同製品が保持する様々な分析・集計用項目データを活用して、BI ツールの中では30種類以上の分析軸を使用したデータ分析を行なえるほか、目的に応じて利用対象データの定義やデータ抽出条件を柔軟に設定できる。

 分析結果から仕訳伝票明細を確認できる“ドリルスルーリンク機能”もサンプル定義ファイルとして提供され、イレギュラー値の原因になった元情報の検索など、確認・トレース作業を容易に行なえる。

 これらの連携機能は、4月以降から適用になるIFRSのコンバージェンスでの“マネジメントアプローチによるセグメント情報開示”に対応するための支援機能としても活用できる。

 なお、連携対象になるBIツールの拡充も順次行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

iPad用POSレジアプリ 「Ubiregi(ユビレジ)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 ProPlus固定資産システム 【プロシップ】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 ZeeM 会計 【クレオ】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
iPad発売後すぐにサービス提供を開始。全世界2万店舗以上で利用されているiPad用POSレジアプリ。簡単で使いやすく「何が」「いつ」「誰に」売れたのかを自動で記録できる。 固定資産システム 海外展開事例:グローバルで管理を一元化できた秘訣 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028222


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ