サイエンスパーク、USB接続でEthernet通信できるドライバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイエンスパーク、USB接続でEthernet通信できるドライバを発売


掲載日:2010/01/04


News

 サイエンスパーク株式会社は、USB通信機器メーカー向けに、USB接続のネットワークデバイスで高速イーサネット通信を可能とするドライバ「USB ECM ドライバ」(ECM:Ethernet Networking Control Model)を、発売した。

 「USB ECM ドライバ」は、OSに対してUSBデバイスをネットワークアダプタとして見せるドライバ。USB Communication Device Class ECM Rev.1.2に準拠し、TCP/IPなどプロトコルレイヤとUSBホストドライバを仲介する。

 これにより、PCにUSB接続したネットワークデバイスを容易にコントロールし、高速イーサネット通信を行なうことができ、新規開発に比べ開発費用・期間を削減できる。また、同社が開発しているため、国内で技術サポートが受けられるほか、各種デバイスへの対応やカスタマイズが柔軟にできる。Windows XP(32ビット)SP2以降/Vista/7に対応している。なお価格は、1ターゲットデバイスあたり200万円(1OSのサポート付き)となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028202


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ