ディサークル、ポータル型ワークフローシステムの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディサークル、ポータル型ワークフローシステムの新版を出荷


掲載日:2009/12/25


News

 ディサークル株式会社は、ポータル型ワークフローシステムの新版「POWEREGG 2.0(Ver2.1)」を、出荷した。

 「POWER EGG」は、統制強化と業務効率向上の両立を図る上場企業や中堅企業向けに、“気づき”から“行動”を促すプッシュ型ポータル機能やワークフロー機能などを提供する製品。今回の新版では、ワークフローエンジンを強化し、他のDB項目を参照するワークフローの利用を可能とする外部DB参照機能が追加されたことで、ワークフローの利用範囲を拡大可能となった。

 また、「POWER EGG2.0」を開いていなくても新着情報やスケジュール予約などが入った場合に、タスクバーへのアイコン通知や画面へのポップアップ表示を行なうリマインダー機能の新規提供により、情報やリスクへの“気づき”の強化が図られている。このほか、ドラッグ&ドロップ操作の追加による、ユーザ操作性向上とシステム管理者の管理機能の強化なども行なわれた。


出荷日・発売日 2009年12月22日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは 【アドビ システムズ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 企業のデジタル変革への第一歩――「電子サイン」ポリシー策定を徹底解説 【アドビ システムズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 企業のデジタル変革への第一歩――「電子サイン」ポリシー策定を徹底解説

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028185


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ