オリエンタルアーツ、「pirka IOP-tool」をオープンソース化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オリエンタルアーツ、「pirka IOP-tool」をオープンソース化


掲載日:2009/12/25


News

 株式会社オリエンタルアーツは、オープンソースWebアプリケーションフレームワーク「pirka」の機能を拡張する、Web画面やプログラムの雛形を作成するためのプログラミング支援ツール「pirka IOP-tool」を、SourceForge上でオープンソースとして公開した。

 「pirka」は、HTMLとJavaだけで動作するプログラムを構築でき、技術習得のための時間/費用の削減や、画面デザイン担当者とプログラム担当者の分業などを実現するWebアプリケーションフレームワーク。セッションの管理やセキュリティ保障など、Webアプリケーションに特有な処理を共通化し、「pirka」側で担当するため、作業量の削減や、処理の漏れ/間違いの低減、プログラミング担当者のスキルの違いによる品質の差の縮小を可能とする。

 今回公開された「pirka IOP-tool」は、業務アプリケーション開発業務(画面、帳票、バッチ、DBの作成)における項目とその処理内容の各種ドキュメントを自動生成でき、開発業務の効率化を可能とするソース自動生成ツール。同ツールによりプログラム実装担当者は、単純な作業部分から解放され、業務的な部分のプログラム実装作業に集中可能となる。生成されるソースなどは、Java、HTML、SQLで記述され、一般的な知識を持っている技術者であれば見て理解できるプログラムが生成できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「オリエンタルアーツ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028180


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ