日本オラクル、基幹業務アプリケーションの新版を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、基幹業務アプリケーションの新版を発表


掲載日:2009/12/24


News

 日本オラクル株式会社は、基幹業務アプリケーションの新版「PeopleSoft Enterprise 9.1」を、発表した。人材管理アプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1 Human Capital Management」を2010年1月より提供し、その後、CRMアプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1 CRM」、財務会計・SCMアプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1 Financials and Supply Chain Management」を、順次出荷する。

 「PeopleSoft Enterprise 9.1」では、ユーザ画面の改良に加え、分析ツールやレポート機能で容易かつ直感的な操作が可能となるなど、1350の新機能を追加している。開発生産性の向上や導入、運用と保守などシステムのライフサイクル管理も拡充されており、基幹業務システムの性能とユーザの生産性を向上可能とする。

 「PeopleSoft Enterprise 9.1 Human Capital Management」では、特に“タレント・マネジメント”に関する機能の追加と強化が行なわれた。新機能としては後任者計画を行なう“後任計画(Succession Planning)”が追加された。同機能は、横軸を成果(パフォーマンス)、縦軸を潜在能力(ポテンシャル)として、それぞれ3段階、計9つのマス目の中で人材がどの位置にいるかをプロットする評価手法“9ボックスレイティング”により、各人材の現在のスキルレベルと目指すべき方向性を論理的に表示可能としている。

 また、小売・流通サービス業界の各店舗や拠点でのシフト計画作成を可能とするアプリケーション「Oracle Workforce Scheduling」との連携機能も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028167


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ