日立ソフト、仮想化環境へのP to V移行サービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、仮想化環境へのP to V移行サービスを発売


掲載日:2009/12/22


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、統制IT基盤提供サービス「SecureOnline」が提供する仮想環境(仮想化ソフトウェア:VMware)への移行を行なう P to V(Physical to Virtual)移行をサービス化した「SecureOnline P2V移行サービス」を、2010年1月4日より発売する。

 「SecureOnline P2V移行サービス」では、P to V移行手順や移行時間見積方法、ヒアリングシート、移行時に発生する問題とその対応方法などがガイドラインとして整備され、サービス化されている。サービスメニューとして、必須サービスの「インポートサービス」と、オプションメニューの「アセスメントサービス」/「クローニングサービス」/「クローニングサポートサービス」が用意されている。

 「インポートサービス」では、「SecureOnline」仮想マシンへのインポートを行なう。また、「アセスメントサービス」では、ヒアリングシート回答を基に、移行可否判定/手順検討を行なう。「クローニングサービス」では、アセスメント結果に従い、同社の技術者がオンサイトで物理サーバのクローニング(データ複製)を行なう。「クローニングサポートサービス」では、ユーザ自身でクローニングを実施する場合に、手順の提供とQ&A対応を行なう。

 物理サーバから「SecureOnline」にP to V移行することで、構築時には、ハードウェアやネットワークに関する設計や構築実作業が不要になるほか、リソース増強を容易に行なえる。また、運用時には、ハードウェア保守やハードウェア管理業務、ハード障害対応が不要になる。

 なお標準価格は、「インポートサービス」が1サーバあたり5万2500円、「アセスメントサービス」が5台までで15万7500円から、「クローニングサービス」が1サーバあたり10万5000円から、「クローニングサポートサービス」が1日5万2500円から(いずれも税込)となっており、OSやパッチ適用状況、ディスク使用量、ネットワーク環境、業務停止可否などの条件で変化する。


出荷日・発売日 2010年1月4日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
レガシーなシステムと最新アプリケーションが同居できる「夢のインフラ」 従来型のITインフラがDevOpsの足かせに…。解決策はあるのか アプリケーション開発や展開の高速化にITインフラは追いつけるか わずか1分でリソース構成――「コンポーザブル・インフラ」は何がすごいのか 何度も組み立て可能なITインフラ、その新たな仕組みとは

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028149


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ