MSJ、RIA開発機能をWindows Mobileに拡張した新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MSJ、RIA開発機能をWindows Mobileに拡張した新版を発売


掲載日:2009/12/21


News

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(MSJ)は、ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic uniPaaS」の新バージョン「Magic uniPaaS V1Plus」を、発売した。

 今回の新バージョンでは、RIA(Rich Internet Application)開発・実行・配布機能がWindows Mobileにも拡張され、Windows Mobile 6.5にも対応している。クライアントプラットフォームの違いを「uniPaaS」の実行エンジンが吸収するため、同一のRIAクライアントプログラムをWindowsとWindows Mobileの両方で動作させられる。

 これにより、クライアント側プログラムとサーバ側プログラムを別々に設計・開発することが不要になった。また、PC(Windows)のRIAプログラムとWindows MobileのRIAプログラムが、同じDBと業務ロジックを共有できるため、画面サイズやデザインを変更することで、Windows RIAとMobile RIAを同時に開発できる。


出荷日・発売日 2009年12月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028132


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ