I-Oデータ、Windows 7対応の人感センサデバイスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、Windows 7対応の人感センサデバイスを発売


掲載日:2009/12/18


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、Windows 7に対応した人感センサデバイス「SENSOR-HM/ECO」を、発売した。価格は、5980円(税込)となっている。

 「SENSOR-HM/ECO」は、ユーザの離席/着席を感知し、自動で液晶ディスプレイとPC本体の省電力制御を行なう製品。Windows 7の“SensorAPI”に対応しており、Windows 7搭載PCに接続することで、センサ機能を利用して容易に節電が可能となる。これにより、100台のPCを所有する企業であれば、年間で約1.8tのCO2排出削減と、10万2200円の電力コスト削減が可能となる。また、環境負荷低減への配慮として、CD-ROM添付は行なわず、対応のドライバ/アプリケーションはダウンロードで提供される。“SensorAPI”のサンプルアプリケーションコードが添付されており、ユーザがソフトウェア開発の参考とすることもできる。


出荷日・発売日 2009年12月17日 発売
価格 5980円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

インベントリ収集だけでは不十分 「効率的なソフトウェア資産管理」とは 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
インベントリ収集だけでは不十分 「効率的なソフトウェア資産管理」とは 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028109


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ