ノベル、ディザスタリカバリ/バックアップ製品の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ノベル、ディザスタリカバリ/バックアップ製品の新版を出荷


掲載日:2009/12/16


News

 ノベル株式会社は、ディザスタリカバリ/バックアップ製品の新版「PlateSpin Protect 8.1」を、出荷した。

 「PlateSpin Protect」は、仮想化ソリューション「PlateSpin Workload Management」製品群の一製品で、仮想環境を前提としたディザスタリカバリ/バックアップ製品。今回の新版では、日本語に対応した。保護対象となる物理/仮想サーバのワークロードのレプリカを仮想マシンに保持し、同期をとるため、プロダクションサーバに障害が生じた場合、管理者は仮想マシンにあるレプリカを迅速に立ち上げ、プロダクト環境が回復するまで通常通り稼働させることができる。

 保護するワークロードはバックアップイメージなので、OSやアプリケーションのライセンス費用が不要で、費用対効果に優れている。また、物理/仮想サーバとの差分データをレプリカに分〜時間単位で同期できる。個々のサーバや拠点ごとに対応していた待機システムを同製品に統合することで、ハードウェア環境維持にかかるコストやOSライセンスに必要なコストも削減可能となる。

 障害発生時のフェイルオーバーに加え、V to P機能を利用したサーバのフェイルバックも実行できる。また、待機しているイメージを本番環境とは異なる仮想ネットワーク上に起動させることで、実サーバに影響を与えず容易にテストを行なうことができ、リカバリテストも容易に実行できる。テスト完了後は、テスト時に更新したイメージを破棄し、もとの差分バックアップに戻すことができる。ファイル単位でのバックアップに加え、メールやDBなど頻繁なトランザクションを実行するサーバに適したブロックレベルのバックアップにも対応している。セキュリティ面では暗号化や圧縮転送に対応しているほか、様々なプラットフォームとハイパーバイザに対応する。


出荷日・発売日 2009年12月15日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「ドンキ」に学ぶ、バックアップ時間の大幅短縮を実現した”超効率”術 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028071


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ