ジャストシステム、生損保業界向けの約款文書エディタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャストシステム、生損保業界向けの約款文書エディタを発売


掲載日:2009/12/15


News

 株式会社ジャストシステムは、保険業界向けに、容易な操作で約款を編集し、提出書類を自動生成できる文書エディタ「xfy 約款エディタ」を、発売した。

 「xfy 約款エディタ」は、2008年6月に交付された新保険法に対応するための約款改定にともなう、新旧対比表や改訂後の新約款、認可申請書の作成を、ワープロソフトに比べ容易/確実に行なえる文書エディタ。

 新旧対比表を作成する際、ワープロ上で作成/編集しているように直感的に操作できるほか、編集時に新旧対比表の“新”項目を変更すると下線が付され、自動的に“旧”項目に削除や追記の情報が打ち消し線付きで反映される。これにより、反映漏れのない正確な新旧対比表の作成ができ、作業効率の向上を図れる。

 新旧対比表の編集後、その内容を反映した約款本文を自動生成でき、転記ミスや転記漏れのリスク回避と、手作業による比較・チェック・変更作業の低減が可能となる。また、変更個所を自動抽出し、認可申請書を自動生成できるため、金融庁への提出書類を容易に作成できる。

 約款文書の形式に合わせた文書構造(章/条/項の構造)に沿った入力に特化しているため、編集者に依存しがちな入力ルールを統一でき、細かな体裁の違いによる修正の手間を軽減できる。オプションの日本語入力システム「ATOK」や文章校正支援ツール「Just Right!」と組み合わせることで、「ATOK」での入力内容制御や、「Just Right!」での自動文書校正による表現の統制を行なうこともできる。

 なお価格は、350万円(5クライアントのライセンスを含む)で、年間保守料として定価の15%が別途必要となる。追加5クライアントも200万円で用意されている。


出荷日・発売日 2009年12月14日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

通販ソリューション 【日立システムズ】 カード決済トランザクションシステム SEGTRAN 【セイコーソリューションズ】 SEALS融資システム 【SCSK】 個人信用情報照会システム L-CRIP 【セイコーソリューションズ】 REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
通販バックヤードシステムを中心に、ECサイト、コールセンター、マーケティングツールなど、通販業務機能をオールインワンで提供。単品通販向け機能が豊富。 カード・信販会社等に必須となるCAFISやCARDNETなど、カード決済業務に不可欠な対外接続機能を統合したオールインワンパッケージ。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
個人信用情報機関との通信制御から独自の個信審査まで、融資審査業務に欠くことのできない個人信用情報照会の機能を装備したパッケージ。導入実績110社以上。 REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028050


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ