ロジテック、5年間オンサイト保守のNASを発売、暗号化も後日提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、5年間オンサイト保守のNASを発売、暗号化も後日提供


掲載日:2009/12/14


News

 ロジテック株式会社は、ソフトウェアRAID5システムを搭載したキューブ型のNAS“竹”「LSV-5S4C」シリーズに、5年間のオンサイト保守をセットにしたモデル「LSV-5S4CP5」シリーズを、発売した。

 「LSV-5S4C」シリーズは、1000BASE-T対応のLANポートや1.0GHzのCPU、1GBのメモリといったハードウェア構成に加え、OSにはWindowsクライアントとの親和性に優れたWindows Storage Server 2003 R2を搭載したNAS。データ転送の高速性に加え、複数のWindowsクライアントが同時に接続する場合でも高速処理を維持できる。また、Windows Storage Server 2003 R2は、Active Directoryに対応し、既存のサーバシステムから容易に移行できるほか、クライアント数に応じたライセンス料が不要で、コストダウンを支援する。

 今回発売された「LSV-5S4CP5」シリーズでは、標準で5年間のオンサイト保守が提供される。サービスは有寿命部品の交換(部品代/作業費)や修理時の部品代を含んだ定額制で、契約期間中は何度でも利用できる。また、データ領域にRAID5、OS領域にRAID1を構成することでシステムの信頼性を向上させているほか、引き出し式のキャニスタを採用し、フロントパネルから容易にドライブを交換できる。購入後、設定不要で直ちに共有フォルダを使用できるほか、市販のバックアップソフトやウイルス対策ソフトをインストールすることもでき、ユーザの環境に合わせて運用できる。データ領域容量(RAID5モード時)が690GB/1440GB/2940GBのモデルが用意されており、価格はいずれもオープン価格となっている。

 また同社は、同シリーズを含め、Windows Storage Server 2003 R2を搭載したNAS“竹”「LSV-5S4C」シリーズ/「LSV-5SH3C」シリーズ/「LSV-5S4R」シリーズ/「LSV-MS2C」シリーズと“梅”「LSV-JB1CC」シリーズで、ディスク暗号化機能を、2010年3月より無償提供する。NASに内蔵されたHDDに対してパスワードによる暗号化を施し、データへのアクセスを制限できるため、内蔵HDDが不正な持ち出しや盗難にあった場合でも情報漏洩を防止できる。また、スケジュール機能によるロック/アンロックの切り替え設定もできるため、就業時間外の意図しない時間帯のアクセスも防止できる。暗号化機能は、製品へのプリインストール、またはバージョンアップで提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
NAS NAS
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028026


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ