日本HP、テクニカル市場向け大判プリンタ3シリーズ5機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、テクニカル市場向け大判プリンタ3シリーズ5機種を発売


掲載日:2009/12/11


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、テクニカル市場向け大判プリンタ「HP Designjet T1200」シリーズ2機種、「HP Designjet T770」シリーズ2機種、「HP Designjet T620」シリーズ1機種を、発売した。

 今回発売されたのは、「T1200」、「T1200PS」、「T770」、「T770HDD」、「T620」の3シリーズ5機種。CAD(土木/設計)、GIS(地理情報システム)などのテクニカル分野に適しており、搭載メモリの大容量化によってネットワーク・PCの負荷軽減とスループットの向上を実現している。

 「T1200」は、中規模ワークグループ向けの大判プリンタ。メモリが32GB、HDDが160GBに強化されるなどで、印刷速度が約40%高速化されている。前面から容易にセットできるトップローディングと、重いロール紙のセットに安心な低位置のリアローディングの2種類の給紙機構を搭載しており、用紙を容易に切り替えられるほか、同じ用紙をセットした大量の連続印刷も行なえる。オプションで、専用の外付けHDD(160GB)が用意されており、印刷ファイルや使用状況の履歴などのデータを本体から切り離して保管できる。また、他のプリンタやPCからは認識できない専用フォーマットを採用し、プリンタ本体でデータを完全消去できるため、機密情報を扱う用途に適している。アドビシステムズ社が開発したページ記述言語“ポストスクリプト・ソリューション”に対応した「T1200PS」も用意されている。

 「T770」は、小規模ワークグループ向けの大判プリンタ。メモリが2GBに強化されるなどで、印刷速度が約40%高速化されている。また、8GBメモリとHDD160GBを搭載する「T770HDD」も新たに追加された。ロール紙の給紙機構は、プリンタ前面からセットできるトップローディングを採用している。オプションの専用アクセサリーとして、本体搭載メモリを6GB追加できるUSB型のハードウェアキー(2010年2月より発売予定)と、6GB追加メモリとポストスクリプト機能を追加するUSB型のハードウェアキーが用意されており、USB端子に接続することで容易にグレードアップできる。

 「T620」は、最大用紙幅24インチの大判プリンタ。メモリが2GBに強化され、約30%高速なプロセッサを搭載したことで、トータルスループットが改善されている。また、従来オプションだったネットワーク機能を標準搭載している。


出荷日・発売日 2009年12月10日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028012


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ