YDC、Oracle DB用のバックアップ/ディザスタリカバリソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


YDC、Oracle DB用のバックアップ/ディザスタリカバリソフト発売


掲載日:2009/12/10


News

 株式会社ワイ・ディ・シー(YDC)は、Oracle DB(Oracle 9.2.0.3以上)用のバックアップソフトウェア「Standby Express 3G」を、発売した。価格は、110万円からとなっている。

 「Standby Express 3G」では、Oracle DBの「Oracle Standard Edition」と「Oracle Standard Edition One」上のアーカイブログを本番システムから、あらかじめ用意されたスタンバイDBへ自動転送でき、自然災害などで本番システムに障害が発生した場合、スタンバイシステムを本番として直ちに利用可能にできるソフトウェア。データロスを数分から数十分の範囲に収められるほか、GUIベースの管理コンソールに対応しており、簡便な操作で本番システムの切り替えなどの操作を行なえる。

 廉価で、RTO(Recovery Time Objective:復旧時間目標(許容停止時間))と、RPO(Recovery Point Objective:復旧時点目標(許容遡及時点))を最小化できる。YDCのファイル転送プロトコルとスケジューラ機能を装備しており、アーカイブログ適用の間隔はDBの容量や回線速度などに応じて任意に設定できる。回線が切断されたことで転送・適用に失敗した場合も、回線が復旧した際に次の同期タイミングで差分を再送・適用できる。

 災害対策用途に加え、ローカル・バックアップやEC(電子商取引)サイト運営会社でのデータ検索用としても利用できる。Oracle Real Application Cluster(RAC)環境にも柔軟に対応できるため、SE RACのバックアップに適している。また、Oracleのバックアップ/リカバリ方式を採用している。ソリューションとして提供してきた様々な実績を基にパッケージ化されており、信頼性にも優れている。


出荷日・発売日 2009年12月9日 発売
価格 110万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 1000億件の観測データを処理、宇宙ミッションに採用されたDBは? 【インターシステムズジャパン】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 非構造化データ急増時代のデータストアの要件とは? 【インターシステムズジャパン】 意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか? 【日本オラクル】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 膨大な宇宙の観測データを処理したシステム仕様と検証結果を公開 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 非構造化データはどんなデータベースで扱えば良いのか? 意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027990


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ