ソニックウォール、拠点のセキュリティ管理を一元化する製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニックウォール、拠点のセキュリティ管理を一元化する製品出荷


掲載日:2009/12/10


News

 ソニックウォールは、分散した拠点のセキュリティ管理を一元化する管理用のアプライアンス「SonicWALL E-Class Universal Management Appliance EM5000(UMA EM5000)」を、出荷した。価格は、134万4000円(初年度の保守費用込)となっている。

 「UMA EM5000」は、UTM(統合脅威管理)やSSL-VPNといった同社のセキュリティアプライアンスを一元集中管理するための製品。アプライアンス型として販売される。同社のセキュリティアプライアンスを複数台利用する中〜大企業や、同社のアプライアンスを利用してマネージドサービスを提供する事業者に適している。

 1u(高さ44.45mm)ラックサイズのサーバにOS「SonicLinux」、DB「MySQL」、管理ツール「SonicWALL Global Management System(GMS)」の最新バージョン「GMS5.1」と10ライセンスが同梱されており、購入後、直ちに使用できる。セキュリティとパフォーマンスを重視して最適化されたアーキテクチャを採用しているほか、ソニックウォールUTMなどのアプライアンスとの互換性があらかじめ確保されている。

 「UMA」を複数台クラスタ設置することで、数台から数千台までの規模の同社のアプライアンスを管理できる。遠隔拠点やSSL-VPN経由のリモートユーザも含め、誰がどのアプリケーションを使用し、各アプリケーションにどれくらいの帯域を消費しているかを可視化できる。また、ポリシーの適用やファームウェアのアップデート、ライセンスの管理、レポーティングなどを直感的/一元的に行なえ、管理者の負荷を削減できる。すべてのTCP/IPが有効になっているデバイスや、SNMP(Simple Network Management Protocol)デバイス、アプリケーションに対してリアルタイムにアラートを発せられる。アプライアンスの接続状態を一元的に可視化することもできる。


出荷日・発売日 2009年12月8日 出荷
価格 134万4000円(初年度の保守費用込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

FortiGate 【図研ネットウエイブ】 アプリ脆弱性に迅速に対応するインターネット分離後の運用管理 【ヴイエムウェア】 FEREC 【ネットスプリング】
UTM UTM UTM
ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。 インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると…… IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027984


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ