MOTEX、ネットワーク・マネジメントツールの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOTEX、ネットワーク・マネジメントツールの新版をリリース


掲載日:2009/12/10


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、ネットワーク・マネジメントツール「LanScope Eco2」の新バージョン「Ver2.3.0.0」を、12月11日よりダウンロードでリリースする。価格は、10クライアントで9万8000円から(要問い合わせ)となっている。

 「LanScope Eco2」では、小規模ネットワーク用にセキュリティ機能を容易に導入できるほか、資産管理・グループウェア機能・メール機能・目標管理・勤怠管理・秘書機能などを備え、小規模ネットワークの運用と業務を向上できる。今回の新バージョンでは、Windows 7に対応した。

 トレンドマイクロ社のアンチウイルス「ウイルスバスターコーポレートエディション 10」/「ウイルスバスタービジネスセキュリティ6.0」/「ウイルスバスター2010」に対応し、最新のパターンファイル適用状況をPC資産管理機能から確認でき、安全なクライアントPC環境を構築できる。「Eco2」の資産管理機能のエンジン“LanScope Cat6”は、共同動作検証の認定“Trend Micro Tested”プログラム認定を取得しており、トレンドマイクロ社との協力により、「ウイルスバスター」の正確で詳細な情報を取得できる仕様を備えている。

 “HDD容量制限機能”を搭載しており、「Eco」サーバの空き容量が設定値を下回ると、自動的に通知される。HDD容量不足時には“メッセージ添付ファイル”や“文書管理”へのファイルアップロードなどが強制的に制限され、初期対策までを「Eco」が行なう。これにより、HDD容量不足を未然に防止でき、安全に「Eco」を運用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 10クライアント:9万8000円〜(要問い合わせ)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View 【Sky】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
使いやすさを追求したクライアント運用管理ソフトウェア。「ログ管理」や「IT資産管理」など必要な機能を標準装備し、専門知識がない人でも簡単に扱える点が魅力。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027980


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ