日本IBM、仮想化技術でIT資源を一元管理可能とするソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、仮想化技術でIT資源を一元管理可能とするソフトを出荷


掲載日:2009/12/09


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、複数の物理サーバで、CPUやメモリなどのIT資源を一元管理し、仮想化技術によって共有可能とするシステム管理ソフトウェア「IBM Systems Director VMControl System Pools for Power Systems V2.2」を、12月11日より出荷する。価格は、最小構成で50万円(税込)となっている。

 「IBM Systems Director VMControl System Pools for Power Systems V2.2」は、サーバやストレージ、ネットワークの管理ソフトウェア「IBM Systems Director」のプラグインソフトウェア。OSとして「AIX」を搭載したUNIXサーバ「IBM Power Systems」/「IBM BladeCenter」に対応し、1つのインターフェースから複数のサーバのIT資源を集中管理可能とする。管理者は1つの画面で、あるサーバ上で稼働する業務アプリケーションに対して今後資源不足が見込まれることを把握したり、そのアプリケーションを資源豊富な別のサーバに移行させることができる。

 同製品を利用し、データセンタ全体のIT資源を単一システムとして一括にまとめて資源のプールを構築して総量を最適化することで、資源の利用率を向上し、投資を抑制できる。また、業務を一部のサーバに集中的に配置し、業務のないサーバを停止して保守/点検するなど、データセンタの効率的なメンテナンスも可能となる。今後は、IBMのメインフレーム用仮想化OS「z/VM」やx86サーバ用仮想化OS、他社UNIX OSにも、2010年以降順次適用していく予定。


出荷日・発売日 2009年12月11日 出荷
価格 最小構成:50万円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027970


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ