日本IBM、仮想化技術でIT資源を一元管理可能とするソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、仮想化技術でIT資源を一元管理可能とするソフトを出荷


掲載日:2009/12/09


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、複数の物理サーバで、CPUやメモリなどのIT資源を一元管理し、仮想化技術によって共有可能とするシステム管理ソフトウェア「IBM Systems Director VMControl System Pools for Power Systems V2.2」を、12月11日より出荷する。価格は、最小構成で50万円(税込)となっている。

 「IBM Systems Director VMControl System Pools for Power Systems V2.2」は、サーバやストレージ、ネットワークの管理ソフトウェア「IBM Systems Director」のプラグインソフトウェア。OSとして「AIX」を搭載したUNIXサーバ「IBM Power Systems」/「IBM BladeCenter」に対応し、1つのインターフェースから複数のサーバのIT資源を集中管理可能とする。管理者は1つの画面で、あるサーバ上で稼働する業務アプリケーションに対して今後資源不足が見込まれることを把握したり、そのアプリケーションを資源豊富な別のサーバに移行させることができる。

 同製品を利用し、データセンタ全体のIT資源を単一システムとして一括にまとめて資源のプールを構築して総量を最適化することで、資源の利用率を向上し、投資を抑制できる。また、業務を一部のサーバに集中的に配置し、業務のないサーバを停止して保守/点検するなど、データセンタの効率的なメンテナンスも可能となる。今後は、IBMのメインフレーム用仮想化OS「z/VM」やx86サーバ用仮想化OS、他社UNIX OSにも、2010年以降順次適用していく予定。


出荷日・発売日 2009年12月11日 出荷
価格 最小構成:50万円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View 【Sky】 PC&モバイルセキュリティ維持・管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
使いやすさを追求したクライアント運用管理ソフトウェア。「ログ管理」や「IT資産管理」など必要な機能を標準装備し、専門知識がない人でも簡単に扱える点が魅力。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027970


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ