日本通信、モバイルIPフォンを搭載したPC向けの3G製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本通信、モバイルIPフォンを搭載したPC向けの3G製品を発売


掲載日:2009/12/09


News

 日本通信株式会社は、モバイルIPフォン機能を搭載したPC向けの3G製品「もしもしDoccica」を、12月10日より発売する。

 「もしもしDoccica」は、株式会社NTTドコモの3Gネットワークを使用するUSB型コネクタと、モバイルIPフォン機能を搭載したPC用ソフトウェア「bアクセス」、PC用マイク付きイヤホン、8000円分の通話/通信利用権を1つのパッケージにした製品。パッケージを購入することで、全国人口カバー率100%の3Gネットワークを使用してインターネットを利用できるほか、3Gネットワークを使用したモバイルIPフォンとして、固定電話/携帯電話/国際電話に電話をかけられる。また、利用者には050番号が割り振られるため、一般の電話と同様に電話を受けることもできる。

 通話料金は、パッケージに含まれる8000円分の利用権(チャージ)から減算される方式で、クレジットカードをセキュア登録することで、1000円単位でチャージできる。3Gを利用してモバイルIPフォンを使用し、例えば米国の携帯/固定電話にかけた場合、通話料が120秒/10円と、3G通信料が1分/10円で、10分で150円となるため、コスト削減を図れる。また、3Gを使用したモバイルIPフォンでは、インターネットに出ないIP電話として機能するため、安定的な品質とセキュリティを確保できる。

 利用する際には、3Gを使用したIP電話機能の利用が推奨されているものの、海外での利用や、自宅やオフィスのブロードバンドを使用して更に廉価に電話をかけることを考慮して、インターネット電話機能も搭載している。インターネット電話として利用する場合には、チャージから減算されるのは通話料のみで、自宅のブロードバンドを使用して米国の携帯/固定電話にかけた場合、通話料は120秒/10円で、10分で50円となり、コスト削減を図れる。

 今後は、留守電やFAXとのインテグレーション、FAXが送信されるとPDFファイルとしてメールで届くといった、利便性を向上させる機能が順次追加される。


出荷日・発売日 2009年12月10日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027968


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ